トップ / 印刷前にしっかりと確認

クリエイティブ

印刷範囲の設定方法について

書類や写真を印刷するときに、アウトプットしたい範囲をうまく指定できないことがあります。そんなときは範囲の設定をしっかり見直すことが必要になります。設定方法は、使用しているアプリケーションとプリンタによっても違いますので、設定方法がわからないときはマニュアルを見たり、人に聞いたり、検索ソフトを活用しましょう。そして設定後は、プレビュー機能を利用して意図した通りに指定できたか確認してみます。これにより、印刷失敗による紙の無駄遣いを予防できます。用紙のサイズ、向き、両面片面、カラーかモノクロの指定なども忘れずに確認しましょう。

必要な範囲だけをプリントしよう

Excelで作成した資料を必要な部分だけプリントアウトしたい場合の方法をご紹介します。まず初めに必要な部分をマウスの右クリックを押しながらドラッグして範囲を選択します。ドラッグした部分は色が濃くなります。次にメニューバーのファイルから印刷範囲を選択し、設定をクリックするだけで終わりです。こうすることで必要な部分だけをプリントアウトすることができるので無駄に用紙を使わずに済み、経費削減にもつながります。尚、設定を解除し忘れると必要な部分が印刷されないという事象も発生するので、設定は必ず毎回確認するようにしましょう。

↑PAGE TOP

© Copyright 印刷の便利なアプリとは. All rights reserved.